アトピーや敏感肌でもできるヒゲ脱毛は?悪化させないための対処法

ニュース 最終更新日:2018/09/28  ,   616views
アトピーや敏感肌のヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛を行うにあたって、自分自身の肌の状態が気になる方も多いでしょう。特に敏感肌で肌荒れが起こりやすい人や、アトピーの人は脱毛を断られてしまうのではないか心配です。

実際のところ、アトピーでもヒゲ脱毛をすることはできるのでしょうか?アトピーの人が脱毛店を選ぶときに気をつけたいポイントなども含め、このページで詳しく解説していきます。

施術方法によっては、アトピーでもヒゲ脱毛可能!

アトピーや敏感肌のヒゲ脱毛

脱毛について調べてみると、肌に負担がかかるというフレーズがよく目に入ってきます。

するとアトピーや敏感肌ではヒゲ脱毛できないのかと不安になりますが、実は光脱毛とレーザー脱毛はアトピーでも問題なく施術できるお店がほとんどです。その理由は光やレーザーを照射して毛根にアプローチし、肌に直接脱毛器が強く密着することはないため。

肌への刺激がゼロという事ではありませんが、脱毛時にアトピーがある部分を無理にこすって施術することもないので、基本的にはアトピーがある人でも脱毛が可能です。

施術後は炎症を抑えるためのケアもしてもらえる

光やレーザー脱毛は高熱で毛根にダメージを与える施術です。そのため、肌にもある程度の熱が加わり乾燥や若干の炎症が起きる場合も考えられるでしょう。

サロンやクリニックでは脱毛後の肌トラブルを防ぐために、保冷剤を使って冷やしたり、保湿ジェルを使ったりしてケアをしています。このようなケアを行っているからこそ、敏感肌でもアトピーでも特に大きなトラブルがなく脱毛を進められるのです。

炎症がひどいアトピーは脱毛ができない場合もある

ただしアトピーの状態によっては脱毛ができない可能性があります。

アトピーの発疹部分が化膿したり、強い赤みがあったりと炎症が起きている場合は脱毛を断られる可能性があるため、どの状態でも施術を受けれるというわけではなさそうです。

アトピーは痒みがあるためつい無意識にかきむしってしまいがちですが、このように肌を傷つけると、外部の乾燥などから守るバリア機能も低下しています。

傷ついた肌に熱を加えた結果、痛みを強く感じたり炎症が悪化したりするリスクがあるため、化膿した部分や炎症がひどい場合は脱毛できない可能性があるので注意しましょう。

ヒゲ脱毛によってアトピーが改善することもある

アトピーや敏感肌のヒゲ脱毛

むしろアトピーや敏感肌に悩んでいる人は、ぜひヒゲ脱毛をすることを強くおすすめします。その理由は、次のようなメリットがあるためです。

毎日のヒゲ剃りによる肌の負担の軽減

毎日の面倒なヒゲ剃りは、肌に大きな負担をかけている状態です。

これはカミソリを使うことはヒゲだけでなく、皮膚表面にある角質まで剥がしてしまう恐れがあるため。古くなった角質は新陳代謝によって剥がれますが、新しい角質は肌を守る役割を担っているため、カミソリを使用することで肌の乾燥が進みやすく肌荒れも起こりやすくなります。

加えて、毎日使用するヒゲ剃り用のカミソリや電動シェーバーには皮脂や角質が付着しており、それをエサとする細菌繁殖のリスクも考えられるでしょう。

化粧水や保湿クリームを使う事でスキンケアを行うことはできますが、細菌の付いたカミソリでヒゲを剃ることで肌にも雑菌が付着したり角質を傷つける事で乾燥肌が加速し、アトピーが改善しないということも考えられます。

脱毛を行う事でヒゲ剃りから解放されるため、ヒゲ部分のアトピーにお悩みの方は、症状緩和に向けて脱毛を検討してみては如何でしょうか。

光脱毛(エステ)とレーザー脱毛(クリニック)はどちらが良い?

それでは、アトピーや敏感肌の人がヒゲ脱毛をする場合、光脱毛とレーザー脱毛どちらがいいのでしょうか?

エステサロンで行う光脱毛

  • 料金がクリニックと比較して安い
  • 照射出力が低いので肌への負担が少ない
  • 照射出力が低いため、通院の回数がクリニックと比較して増える

エステの光脱毛は料金が安く、照射出力が低い分痛みが少ない施術が期待できます。ただし、照射パワーが低いためヒゲのような密度が濃い部位の脱毛は、効果がでるまで時間がかかる傾向があり、必然的に通院回数も増えてしまう傾向にあります。

そのため、脱毛に時間を掛けたくない人や、何度も通院したくないという人にはデメリットに感じる部分が多いかもしれません。

クリニックで行うレーザー脱毛

  • 光脱毛より通院回数が少ないが、料金が高い
  • 光脱毛と比較すると照射出力が強く、1回当たりの脱毛効果が高い
  • 医師監修の元で施術が行われるため、肌トラブルが起きた場合も治療が受けられる
  • 照射出力が高いため痛みが伴う場合がある(痛みをやわらげる麻酔が使用可能)

クリニックは1回あたりの料金がサロンとくらべると高いのがデメリットです。

しかし、脱毛効果も高いため総額ではサロンの光脱毛とそこまで違いが出ないケースも少なくありません。特に密集したヒゲも少ない回数で毛量を減らしていけるので、脱毛期間も1年から1年半程度で終了する人も多くいます。

このように、どちらもメリットやデメリットがありますが、アトピーや敏感肌の人は特にクリニックでの脱毛がおすすめです。なぜなら、クリニックで施術を行う場合は必ず医師の監修の元で行われるため、不安な点などは事前に確認しておく事が出来るため。

光脱毛を行うエステは医療機関でないため、万が一肌荒れなどのトラブルが起きた場合も直接的な治療が行えません。一方、クリニックは塗り薬などの処方をしてもらえるため、脱毛後の皮膚のトラブルが起きた場合も必要な処置を施してもらえるという強みがあります。

アトピー肌の人は家庭用脱毛器・ニードル脱毛NG

アトピーや敏感肌の除毛クリームなどはNG

脱毛方法はほかにも、ニードル脱毛や家庭用脱毛器を使う方法がありますが、実はアトピー肌の場合は、この2点で脱毛をすることがあまりおすすめできません。

その理由は次のようなものが挙げられます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴に細い針を刺して、そこから特殊な電流を流すことで毛根を破壊する施術方法です。一度処置した毛穴からは毛が生えてくることがない効果が高い施術ですが、毛穴に直接針を刺すため痛みも強く、肌への負担も大きいのでおすすめできません。

また、ニードル脱毛を行う事で毛穴に負担がかかり、その部分が腫れることや赤みが出ることも考えられます。アトピーが悪化するリスクもあるため、光脱毛かクリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

家庭用脱毛器

今では家庭用脱毛器も手軽に入手できるようになりました。

お店にわざわざ足を運ばずに自分のペースで行えるのがメリットですが、家庭用脱毛器は照射出力が弱く、ヒゲのような濃い毛は脱毛効果があまり出ない可能性もあります。

また、照射頻度も1か月に1回など高いため、頻繁な肌への刺激でアトピーや肌荒れが悪化する原因になることもあるため、市販されているものを使うくらいならクリニックを受診して、医師の元で施術してもらうようにしましょう。

アトピーや肌荒れを悪化させないための対処法

脱毛時にアトピーや肌荒れを悪化させないために、日頃から心がけたいことを解説します。

脱毛後に保湿をする

脱毛後の肌は軽度の炎症を起こしており、乾燥もしやすい状態です。

そのため、肌の乾燥をやわらげるよう日頃からしっかり保湿を行いましょう。化粧水やジェルなど、低刺激で保水力の高い化粧水を使って、お風呂上りや洗顔後など肌が乾燥しやすいタイミングはスキンケアを心がけてください。

そこでオススメしたいのが男性用のローションであるプレミアムアフターシェーブローションです。管理人がシェービングや除毛などの後に使っているローションで、毛を柔らかく薄くする効果もあり、保湿はもちろん、1回のヒゲ剃りの時間の短縮や肌への負担の軽減に繋がります。

ヒゲ剃り後の保湿ケアグッズを持っていないという男性でもこれ1本を持っておけば、肌のケアは十分に行なうことが出来るでしょう。

プレミアムアフターシェイブローション

プレミアムアフターシェイブローション
販売価格 5,184円(税込み)
使える部位 全身

男のムダ毛の発育を抑制する抑毛ローション。濃いヒゲがコンプレックスの人でもこれ1本で清潔感のある肌が手に入る!

ヒゲ剃り用のカミソリ刃はこまめに交換をする

先でも触れた様に、ヒゲ剃りに使っている刃は日に日にゴミや雑菌が溜まっています。毎日水洗いをしていても、細部に入り込んだ短いヒゲやホコリなどは簡単に落としきれません。

まだ十分にヒゲが剃れるからと、つい何か月も同じものを使っていると、切れ味が落ちた刃によって肌を傷つけてしまったり、雑菌によって肌荒れが悪化したりする可能性があるため、最低でも1か月に1回は新しい刃に交換をして、清潔なカミソリを使うことを意識しましょう。

また、電動シェーバーもただヒゲを取り出すだけでなく、1週間に1回くらいのペースでヘッド部分を外して専用のブラシで中を掃除してください。シェーバーオイルをつけて刃の切れ味を維持するなど、日ごろ使っているシェーバーやカミソリをこまめにメンテナンスすることも、ヒゲ脱毛が完了するまでに肌荒れを軽減するうえで大切です。

ヒゲ脱毛はアトピーを改善するきっかけにもなる!

アトピーの改善にもつながる

ヒゲ脱毛は肌が弱い人やアトピーに悩んでいる人にこそ、症状をやわらげるきっかけになります。特にカミソリでのヒゲ剃りは健康な角質まで剥がしてしまい、かえって乾燥や肌荒れを進める原因になることも。

そこで、ヒゲ脱毛を進めることでヒゲ剃りの回数を減らすことが、将来的なアトピーや肌荒れの症状の改善につながる可能性があるのです。特にクリニックでは万が一肌トラブルが起きても塗り薬などを処方してもらえるので、肌荒れが不安な人も安心して脱毛できるため、検討してみては如何でしょうか。

アトピーや敏感肌の方にはメンズリゼクリニックがオススメです。この医院では公式サイトのQ&Aで「アトピー体質ですが、医療レーザー脱毛は受けられますか?」という質問に対して、「炎症が強く出ている部位や色素沈着が強い部位を除けば、問題なく受けられます。」と回答しており、アトピーや敏感肌の方でも脱毛が出来るということを明記しています。

また万が一、肌トラブルが起きてしまった場合でも完全無料で医師の治療と薬の処方をしてくれるという点もよく、アトピーで心配な方はメンズリゼクリニックでの脱毛が良いでしょう!

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニック
施術方式 レーザー
店舗 全国14店舗展開

メンズ医療脱毛のスペシャリストが行う脱毛は安全・安心で効果もバツグン。予約から脱毛完了後まで安心して利用できる。

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

関連記事一覧

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

新着記事

2018/12/14  15views

男でも女でも自由自在に顔を作るワックス化粧が凄すぎる!

2018/12/13  22views

他人事じゃない!脱毛エステの倒産とその見分け方

2018/12/12  47views

脱毛効果が高いというメディオスター脱毛器の効果を体験してみました

2018/12/11  33views

冬でも忘れるな!男の脇毛の処理で最適な方法

2018/12/10  56views

髭のレーザー脱毛時は脱毛器選びにご注意!


人気ランキング

当サイトでのアクセスが多い人気のクリニックをランキングでお届け。
どのクリニックにするかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

リンクス(RINX)

「メンズ脱毛をより身近なものに」というスローガンのもとに、安全・安心・高品質な脱毛を多くの人がお試しできる価格で提供している。

メンズリゼ

医療脱毛のスペシャリストが行う脱毛は安全・安心で効果もバツグン。患者を第一のプランは、予約から脱毛完了後まで安心して利用できる。

メンズTBC

学生から社会人まで幅広い年代の人が利用している脱毛サロン。利用者のニーズに合わせた脱毛プログラムが提供されているため満足度が高い。

MONOVOヘアリムーバークリーム