家庭用脱毛器で男のムダ毛を永久脱毛できるのか?

ニュース 最終更新日:2018/08/30    44views
家庭用脱毛器で男のムダ毛を永久脱毛できるのか?

自宅でムダ毛の処理をする場合、シェーバーやカミソリで処理をするか、除毛クリーム、ブラジリアンワックスなどを使用して、ムダ毛を除毛・脱毛していると思います。しかし、それらの方法以外にも家庭でムダ毛処理ができる方法があるのです。

家庭用脱毛器を知っていますか?自宅で使用できる家庭用の脱毛器があるのですが、クリニックの脱毛器と同じように永久脱毛ができるのでしょうか。今回は家庭用脱毛器について紹介していきたいと思います。

家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器とは?

家庭用の脱毛器とは、メンズ脱毛店やクリニックに置いてあるような大きな機器ではなく、自分で使えるコンパクトなタイプの脱毛器。自宅で出来るため、忙しくてクリニックに通えないという人や、デリケートゾーンの脱毛を自分でしたいという人にとって、自宅でそして自分で脱毛ができるのは嬉しいですね。

家庭用脱毛器の脱毛方法が、フラッシュ式・レーザー式とあり脱毛クリニックと同様、自分で照射のレベルを下げて使用できます。しかし、痛みは多少あるようなので、脱毛中に痛みが我慢できない場合はすぐに使用を中止した方がいいでしょう。

女性向けが多い家庭用脱毛器ですが、最近では男性向きの商品もあるようで調べてみました。その結果、ケノン、レイボーテ、トリアという脱毛器が男性のムダ毛を脱毛してくれる商品のようです。とくにケノンは女性も使用できる脱毛器で、人気が高い商品となっています。では各商品の紹介をまとめてみたので見てみましょう。

家庭用脱毛器
  • ケノン
  • フラッシュ式の脱毛器で価格は69,800円(税込)。剛毛な男性のヒゲ・胸毛からすね毛まで脱毛ができる商品。男性にとって一番脱毛したいヒゲまで脱毛することができるため、人気が高いようです。また1発の照射範囲が広いのが特徴で、他商品と比べると約5~10倍の早さで脱毛できるようなので、脱毛力は高いと言えるでしょう

  • メンズ レイボーテ
  • こちらもケノン同様フラッシュ式の脱毛器となっており、価格は39,960円円(税込)。まるでヒゲ剃り(シェーバー)のような見た目をした脱毛器。ヒゲをメインに脱毛するようなので、ヒゲをデザインして整えたいという人に向いているかもしれません。

  • トリア
  • レーザー式の商品で、トリアはアメリカにおいて唯一FDAの許可を受けているレーザー式脱毛器。FDAとはアメリカ食品医薬局のことで、食品や医薬品から化粧品などをはじめ医療機器、脱毛器などを幅広くそして安全を審査しています。そこからの許可を受けているトリアの、レーザー脱毛器は、男性のヒゲの脱毛にも効果的です、しかし、痛みが強いようなので照射前や終わった後も冷やしたりしっかりとスキンケアが必要ですね。

以上が、男性向けの脱毛器で人気が高いものになります。どの商品も脱毛力が高いようですが、実は家庭用脱毛器は一時的な脱毛はできても、永久脱毛はできないのです。

永久脱毛はできない

永久脱毛はできない

上記でもお話したように、家庭用脱毛器で永久脱毛はできません。家庭用脱毛器の脱毛効果はあるようですがそれは減毛効果であり、クリニックで受けることができる永久脱毛ほどの効果はありません。せっかく自宅で出来る脱毛器でも永久脱毛ができないというのは、勿体無いですよね。永久脱毛をしたいという人には向かない商品と言えるでしょう

さらに、脱毛によって起こる肌トラブルも、家庭用脱毛器の場合は全て自己責任。クリニックでそのようなことがあった場合は、医師または看護師が対応してくれます。そのトラブルも視野に入れ、脱毛器を使用する時は十分な注意が必要です。自分のタイミングで、いつでも脱毛ができるメリットが家庭用脱毛器にはあり、クリニックに通う時間や費用に比べればお手軽商品とも言えるかもしれません。ですが、自身でする脱毛には限界があります

手の届かない背中、見づらいデリケートゾーンの脱毛は結局人の手を借りなければ脱毛出来ない部分です。ならば最初からクリニックに頼んだ方が綺麗な仕上がりになりますし、クリニック脱毛だと、コースで脱毛ができるので他の部位と合わせて永久脱毛してもらえるので、定期的なムダ毛の処理がなくなると考えると楽ですね。

家庭用脱毛器で脱毛してはいけない部分は?

一方、一時的な脱毛でもいいという人もいると思います。家庭用脱毛器を使用するならば、脱毛できない部分を知っておきましょう。クリニックでは、プロが脱毛をしてくれるため安心できますが、家庭用脱毛器は一般人でも使用ができる脱毛器。万が一、脱毛してはいけない部位にレーザーやフラッシュが当たってしまうと危険なので、使用する前に説明書や注意書きをよく読んで使用してください。

こちらでも、家庭用脱毛器で脱毛してはいけない部位をご紹介します。ぜひ参考にしてください!

目の周囲

目の周囲とは、眉間のムダ毛や眉毛の脱毛です。クリニックでは専用のゴーグルがありますが、家庭用脱毛器にはありません。なにより、まぶたの皮膚は薄く脱毛器の当て方を間違えれば光の影響が大きいため、目に負担をかけてしまいます。眉毛はクリニックでもあまり対応していない部位になるので、自身で脱毛をするのもおすすめできません。

目の周囲のムダ毛処理はシェーバーやカミソリ、または対応しているクリニックで処理してもらいましょう。

シミ・アザがある部分

レーザーとフラッシュはメラニン色素(黒い色)に反応して脱毛をしています。そのため、シミ・アザまたはホクロにも反応してしまうので、レーザーやフラッシュの熱によって火傷してしまう可能性があるのです。

黒い色だけでなく、肛門や乳輪など皮膚の色が濃い部分の使用にも十分に注意してください。シミ・アザ、ほくろがある部分が脱毛したい部分と重なってしまった場合は、レーザーやフラッシュが反応しないように、白いシールまたは絆創膏を貼り保護をして脱毛しましょう。

日焼けした肌

上記にも書いたことに当てはまるのですが、日焼けも皮膚の色が濃くなってしまうので、脱毛することができません。もし日焼けしたまま脱毛してしまうと、火傷してしまう恐れがあるので、日焼けが元の肌の色に戻るまで脱毛しないようにしましょう。

とくに夏は、日焼けサロンで日焼けする人もいれば、外にいるだけで自然と日焼けをしてしまいます。脱毛するならば、外出する時は日焼けしないように日焼け止めクリームで対策してください。

以上が脱毛できない部分とその対策になります。とくに目の周囲でどうしても脱毛したい人はクリニックに任せた方がいいでしょう。シミ・アザや日焼けは自身で対策することができるので、ぜひ参考にしてください。

永久脱毛するならメンズビューティートークで検索

永久脱毛するならメンズビューティートークで検索

せっかく脱毛するならやはり永久脱毛をしてしまった方が、後々定期的なムダ毛処理をしなくていいため、クリニックの利用をおすすめします。ただ、そのクリニックを探すのが大変ですよね。

そんな時は、「Men’s Beauty Talk(メンズビューティートーク)」でクリニック検索をしませんか?メンズビューティートークでは、お近くのクリニックで検索ができる地域検索、自身のお悩みでクリニックを探せるお悩み・目的からの検索など、自分の条件でクリニックを探すことができるメンズの美容医療口コミポータルサイトです。

クリニック検索だけでなく、クリニックの医師が掲載する男性美容医療のコラムから、クリニック相談所では実際に医師に相談することができるシステムもあります。口コミサイトでもあるため、実際にクリニックを利用したユーザーの口コミも見ることができるのです。

クリニックを探したい人、口コミが気になる人はぜひメンズビューティートークを参考にしてください。

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

関連記事一覧

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

新着記事

2018/09/21  3views

【永久保存版】ココがポイント!大手メンズ脱毛クリニック数社を価格とサービスで比較

2018/09/19  46views

クリニックの医師が答える脱毛に関する疑問と不安点 Vol.1

2018/09/19  42views

脱毛クリニックで用いられる麻酔の種類と効果

2018/09/14  47views

毛抜きでの脱毛が非常に危険な3つの理由

2018/09/13  46views

大手メンズ脱毛エステ(クリニック)3社を辛口で徹底比較してみたら意外な事実が判明


人気ランキング

当サイトでのアクセスが多い人気のクリニックをランキングでお届け。
どのクリニックにするかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

リンクス(RINX)

「メンズ脱毛をより身近なものに」というスローガンのもとに、安全・安心・高品質な脱毛を多くの人がお試しできる価格で提供している。

メンズリゼ

医療脱毛のスペシャリストが行う脱毛は安全・安心で効果もバツグン。患者を第一のプランは、予約から脱毛完了後まで安心して利用できる。

メンズTBC

学生から社会人まで幅広い年代の人が利用している脱毛サロン。利用者のニーズに合わせた脱毛プログラムが提供されているため満足度が高い。

MONOVOヘアリムーバークリーム