ニキビ・日焼け・タトゥー、脱毛できない肌の状態とは

ニュース 最終更新日:2019/01/23  ,   58views
脱毛ができないこともある

ヒゲ、脚、腕など脱毛は基本的に誰でも受けることができます。ですが肌の状態によっては脱毛を受けることができません。

どんな肌の状態が脱毛することができないのか、まとめてみました。脱毛する前に知っておきましょう!

肌の状態が原因で脱毛NG

肌の状態で脱毛NG

肌の状態とはつまり肌荒れやニキビ、日焼けなどの時が脱毛できないのです。あなたの肌はどうですか?せっかく脱毛に行ったのにできなかったらショックですよね。

もちろん症状が治れば脱毛はできます。しかし先延ばしにはしたくないですね。脱毛をするなら、肌の状態も気にしておかなくてはいけません。

肌荒れはコンディションによって脱毛NG

乾燥肌や敏感肌の人は、肌のコンディションによって脱毛ができる場合とできない場合があります。もちろん肌の状態がいい時には脱毛することが可能です。それでも脱毛中に肌トラブルや、肌の状態が悪化するようであれば中断することもあります。

また、肌の悪化防止のためにレーザー脱毛の照射を弱めて脱毛してくれるところもありますが、それでも大丈夫とは言い切れないでしょう。脱毛前に、まずは乾燥、敏感肌を少しでも改善させてから脱毛に行くのが望ましいですね。

ニキビがあったら脱毛NG?

ヒゲや背中の脱毛となると、気になるのはニキビです。脱毛によってニキビが悪化する可能性があるため、クリニックによってはニキビの状態によって脱毛ができない場合があります。

ニキビがあっても避けるかシールを貼ることで脱毛することが可能ですが、それは初回のカウンセリングで判断されるはずなので先生に相談してみてください。

ニキビによって脱毛ができなくならないように、ニキビ予防とニキビができていたら、脱毛する前に治せるよう普段からのスキンケアをしておきましょう。

日焼けした肌は脱毛NG

今は男性も脱毛をする人が増えてきました、だからこそ気をつけて欲しいのが脱毛期間中の日焼けです。女性と違って男性は、日焼け止めクリームを持つことがあまりないと思います。むしろ日焼けをしている人がいるくらいです。

ですが、脱毛期間中の日焼けは遠慮してください。日焼けしたところは熱を持ちます。その状態でレーザー脱毛をするとやけどの原因になるのです。また日焼けをして肌が黒くなった場合も脱毛できません。

レーザーは黒に反応するので、肌が日焼けの黒にも反応してしまします。日焼けの具合にもよりますが、基本的に日焼けをした人は脱毛を1ヶ月以上、つまり日焼けが落ち着くまで脱毛ができません。

そのデメリットもあるため、夏からの脱毛ではなく秋冬の脱毛がベストだと言われているのです。もし夏に脱毛を始める人は、日焼けしないように日焼け止めクリームで日射しから肌を守りましょう!

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

肌トラブル以外の脱毛ができない条件

ほくろやタトゥーで脱毛NG

肌トラブルだけが脱毛ができないわけではありません。その他にもほくろやタトゥーがある人も脱毛ができないことがあります。

実はほくろがある部分も脱毛NG!

レーザー脱毛は黒に反応するため、ほくろ部分に照射されると、やけどまたは炎症を引き起こす原因になります。よってほくろがある部分は脱毛できないのです。脱毛する時は、にきびと同じくほくろも避けながらか、ほくろにシールを貼って脱毛することになります。

ただ、ほくろに毛が生えていることもありますが、ピンポイントでそこに照射しても脱毛効果はイマイチ期待できません。しかし、どうしてもほくろの毛が気になる人は、カウンセリングで先生に相談してみてください。

タトゥーを入れているところは脱毛NG!

タトゥーを入れようと思っている人、ちょっと待ってください!その前に脱毛しませんか?タトゥーと脱毛を考えている人はまず脱毛を最優先にしましょう!

タトゥーは肌に色を入れるので、タトゥーを先に入れてしまうと、脱毛をする時にレーザーや光脱毛がタトゥーに反応して、やけどになる恐れがあります。それだけでなく、タトゥーの絵柄・文字が薄くなる可能性があるのです。よってタトゥーが入った箇所の脱毛はできません。

それにタトゥーを入れる場合、準備としてムダ毛の処理をしておく必要があるので、脱毛しておいた方が楽だと思います!タトゥーをもう入れているという人は、タトゥーの範囲が狭ければ、例えばワンポイントだけ入っている場合だと、そこを避けて脱毛することが可能ですが、範囲が広いと脱毛するのは難しいです。

ニードル脱毛だとタトゥーが入っていても脱毛ができます。しかし、ニードルはレーザー脱毛よりも痛いため、ニードル脱毛を続ける人はそう多くないでしょう。では、タトゥー部分のムダ毛をどう処理するのか、それは自分でムダ毛を処理することです。

脱毛できないところのムダ毛処理方法

ムダ毛処理方法

家庭用の脱毛器もありますが、自分でやらなければいけないため使用する際は、脱毛器の当てすぎによる、やけどや炎症など充分に注意しながら使用してください。一番安全に、そして簡単に使えるのは肌への負担が少ない除毛クリーム、またはワックスです。

除毛アイテムで簡単ムダ毛処理

自分でムダ毛の処理といえばカミソリですが、肌を傷つけてしまう可能性が高いので、ムダ毛を剃るのではなく除毛してくれるアイテムがいいでしょう。

除毛クリームやワックスは一時的に毛が生えてこないだけで、脱毛ではありません。しかし、次に生えてくるムダ毛はカミソリで剃った時より遅いので、頻繁にムダ毛の処理をしなくてもいいのです。定期的な処理が面倒という人は除毛アイテムがおすすめですね。

ただし、除毛アイテムが使えるのはあくまでも肌に異常がない場所。ニキビや肌荒れなどの肌トラブルがある場所には決して使わないように、使用方法をよく確認してからムダ毛処理をしてください。

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

関連記事一覧

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

人気キーワード

新着記事

2019/02/06  53views

ヒゲを脱毛するだけじゃない!デザイン脱毛でヒゲを整えよう

2019/02/01  53views

ヒゲの脱毛時の笑気麻酔と麻酔クリームはどっちが良い?

2019/01/30  42views

男にもVIO脱毛は必要?蒸れやニオイの悩みを脱毛で改善!

2019/01/29  81views

【体験記事】ゴリラクリニック福岡天神院でヒゲの脱毛を体験してみた3回目

2019/01/24  58views

失敗?ヒゲの脱毛で全く効果が見られない場合にやるべきこと


人気記事ランキング

実は危険?除毛クリームはヒゲに効果があるのか

MONOVOとNULL!メンズ除毛クリームの効果や成分を比較!

【画像あり】NULL除毛クリームで髭を除毛してみた

COPYRIGHT©メンズ脱毛NEO