産毛や色が薄い毛を効果的に処理できる脱毛方法は?

ニュース 最終更新日:2018/09/28    292views
産毛と色が薄い毛を効果的に脱毛する方法

脱毛は“太くて目立つ毛”が気になる人が大半ですが、実は産毛や色素の薄い毛も目立ちます。

ご存知の通り、体毛は体の部位によって薄さや太さが異っており、実はこのような産毛や色素の薄い毛は濃い部位よりも脱毛効果が出づらいと言うのはご存知でしょうか。

今回は産毛や薄い色の毛を脱毛するメリットから、なぜ薄い毛が濃い毛よりも脱毛効果が出にくいのかと言う理由を詳しくご紹介します。産毛部分におすすめの脱毛方法も合わせてご紹介しますので、産毛の脱毛を検討されている方は参考にしてください。

産毛や色が薄い毛を脱毛するメリットとは?

産毛や色が薄い毛を処理するメリット

濃い毛と比較すると、処理する手間も頻度も圧倒的に劣るため処理していないという方も多いですが、綺麗に処理することで以下の様なメリットが生じます。「年齢の割に老けて見られる事が多い」「毛穴の開きが気になる」という方は特に高い効果が期待できるため、産毛の処理を検討してみると良いかもしれません。

顔色がワントーン明るく見え、若々しく見える!

普段生活している中で、実年齢より上に見られた事があるという経験をした事はありませんか?若い頃ならそれほど気になりませんが、ある程度年齢を重ねる事で「そんなに老けて見えるのか」と他人の何気ない一言を気にする機会が増えた方も少なくないでしょう。

まず老け顔の要因として代表的の中にはシワ、シミ、たるみなどありますが、実は肌がくすんだ印象となる産毛も代表的な要因の一つです。特に顔の産毛は傍から見て疲れたような雰囲気や暗い印象を与えてしまうマイナス効果があるため、処理を行うことで明るい印象や若々しい印象と取り戻す事ができます。

また、日常的にメイクを行う女性の場合は明るい印象に見える効果の他に、メイクが乗りやすく、崩れにくいなどの効果もありますが、近年では美容液や保湿液を利用する男性も多くなっているため、産毛の処理を行う事でこれらが浸透し易い肌環境を作ってあげることが可能です。

毛穴の引き締まり効果で美肌に見える!

次に、毛があることで期待できなかった毛穴の引き締まり効果が実感出来ます。

毛穴から毛が生えている場合、当然その毛の太さよりも毛穴が狭くなることはありませんが、産毛を処理する事で毛穴の引き締まりが期待できるため、全体的に肌がきめ細かくきれいな印象に近づき毛穴が目立たない肌綺麗な肌に近づく事が可能です。

もちろん毛穴自体がなくなるわけではありませんが、毛穴詰まりや開きに悩んでいる人は産毛を脱毛することで毛穴が目立たなくなる可能性があります。 産毛がなくなる事で顔に光が反射しやすくなるため、肌がよりきれいに見えるという相乗効果が得られるでしょう。

産毛や薄い毛の脱毛方法について

産毛や色が薄い毛の脱毛方法について

産毛や毛が薄い部分なら、自分でカミソリなどを使って処理する人も多いでしょう。しかし、何度もカミソリを使って処理を行う事で肌にダメージを与えてしまったり、剃った部分の毛が太く見えるなどのデメリットがあるため、極力この様な問題は避けたい所です。

実際のところ、産毛の処理はどの方法を選べばいいのか、代表的な方法のメリットデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

カミソリ、電動シェーバーで処理する場合

産毛をカミソリで処理

ムダ毛処理の定番と言えばカミソリ。普段からヒゲを剃るときにT字のカミソリを使って顔の産毛を剃っていると言う人も多いでしょう。また、ヒゲ用の電動シェーバーを使って産毛部分を剃る人もいますが、肌へのダメージが大きい処理方法の一つです。

カミソリや電動シェーバーのメリットはコストがかからないという点。そこまで費用もかからないコストパフォーマンスの高い処理方法と言えますが、頻繁な自己処理は肌への負担が大きく、カミソリ負けのような肌荒れをはじめ、直接肌を傷つける原因となります。

カミソリの刃は、毛を剃ると同時に健康な角質まで削り取って肌を傷つけてしまう可能性があり、特に産毛が多くある顔周りは他の部位よりも皮膚が薄い場所なため、使用に伴うダメージが蓄積されて肌荒れや乾燥などの症状が進んでしまう恐れがあるのです。

除毛クリームで処理する場合

除毛クリームも、自宅で行える定番の脱毛方法です。最近ではメンズ専用の除毛クリームも多く販売されており、薄着になる夏場にかけて利用者が増えている傾向にあります。

使い方も簡単で、除毛したい部分にクリームを塗ってお湯で洗い流す(タオルなどで拭き取る)だけなので、カミソリを使うのが苦手な人でも行いやすい方法と言えるでしょう。

しかし、除毛クリームは一旦ツルツルになるものの、時間が経つとまた産毛が生えてきてしまいますし、敏感肌の人は肌荒れを起こすリスクもあります。また、使用後は肌の油分や水分も失われている可能性があるので、ジェルなどの保湿を忘れないようにしたいところです。

ブラジリアンワックスで処理する場合

ブラジリアンワックスは、ワックスを塗った後にしばらく時間を置き、その後シートを剥がすことで脱毛をする方法です。一度使用すれば2週間から1か月ほど脱毛効果が持続しますが、毛根が生きているのでムダ毛が生えてきてしまうのがデメリット。

除毛クリームと比較すると脱毛効果が強く、毛が生えてこない期間が長いのが特徴ですが、脱毛時に瞬間的な痛みが生じるため、痛みが苦手な人は続けにくい脱毛方法でもあります。

また、極端に短い産毛には効果が得られにくいと言う点もデメリットです。製品の都合上、一定の長さ以上の毛でなければ脱毛効果が得られない場合があるため、こまめに脱毛をしたいと考えている人には難しい方法かもしれません。

毛抜きで処理する場合

1本1本毛を引き抜く毛抜きも、ヒゲなどの太い毛を中心に使っている人もいます。

毛抜きは丁寧に抜けば、毛を根元から無くす事が出来るのでツルツルの肌を目指せますが、その分肌へのダメージも大きいのがデメリットです。特に抜いた部分の毛穴に細菌が侵入し、そのまま毛のう炎などの炎症を起こしたり、肌トラブルのリスクが高まってしまいます。

そもそも産毛の様な細い毛には毛抜きで脱毛をするという行為は向いていません。基本的に、アフターケアを怠ったりすると毛穴に皮脂や角質が侵入し、毛穴開きが悪化する原因にもなるため、毛抜きでの産毛処理は控えたいところです。

光脱毛やレーザー脱毛は産毛の脱毛効果が出づらい?

産毛をカミソリで処理

せっかく脱毛をするのなら、自己処理の回数が減る光脱毛レーザー脱毛をする方法がおすすめです。とは言っても、実はムダ毛の中でも産毛や色の薄い毛は太い毛とくらべて脱毛効果が出づらい可能性があるのをご存知でしょうか?その理由は、光とレーザー脱毛の仕組みが大きく関係しています。

光とレーザーはメラニンに反応する性質がある

そもそも光脱毛とレーザー脱毛でムダ毛が減少する仕組みは、毛穴にある毛根部分に高熱ダメージを与えられるため。毛が生える元である毛母細胞を破壊することで、新しいムダ毛が生えづらくなるサイクルを作っています。

しかし、この光やレーザーが反応するのは“黒いメラニン色素”の部分だけです。つまり毛が黒い部分は光やレーザーのダメージが行き届きやすいですが、産毛などの細く短い毛、そして色素が薄い毛には思うように反応しにくいという性質を持っています。

多くのクリニックでは産毛や色素の薄い毛にも効果があるように、レーザーや光の出力を上げて照射したりして対応していますが、出力を上げるとそれだけ肌トラブルのリスクは増しますし、自分の肌よりも黒い毛でないと十分な処理できない可能性もあるため、その点は念頭に置いておきましょう。

産毛や色素が薄い毛は照射時の熱量の調整が難しい

上記で少し触れた様に、照射量を調整することで産毛や色素が薄い毛でも、光やレーザーで脱毛をすることはもちろん可能です。太い毛と比較すると脱毛完了までに長い時間がかかる可能性が高いですが、脱毛が出来ないという事はありません。

しかし、黒く太さのあるムダ毛は比較的照射出力を弱くしてもメラニンにしっかり反応するため、簡単に毛根にダメージを与えられますが、メラニン色素が薄い産毛や毛の色が薄い部分は、ある程度高めの照射出力で施術をしないと、毛根にしっかり作用せず思うような脱毛効果が得られない事があります。

特に脱毛の初回から2回目は、患者の痛みの感じ方や肌質によって、思わぬトラブルが起きるリスクも考えられるため、最初は安全性を考えて、照射出力をおさえた状態で施術をするお店が多く、初回から高い脱毛効果が期待できないケースも多いです。

つまり、産毛のような毛は実際に脱毛をはじめても薄くなったと実感できるまでは個人差があり、それなりに時間がかかるものだと思っておきましょう。

産毛を脱毛しつつ肌に炎症を起こさないように出力を調整するのは、施術者にとっても難しい技術でもあるため、もし光やレーザー脱毛で産毛や色素が薄い毛を脱毛する場合は、脱毛にかかるおおよその期間や料金の目安をカウンセリングの段階で忘れずに尋ねておく事が大切です。

肌の色よりも薄い毛や産毛にはニードル脱毛がおすすめ

ニードル脱毛はメンズTBC

ニードル脱毛は基本的に1回行えばムダ毛が生えてこなくなる施術方法で、あの叶姉妹もアンダーヘアの産毛の脱毛をこの脱毛方法で行ったとのこと。痛みは光やレーザーよりも強いですが、産毛もしっかり脱毛ができるため顔などのムダ毛をキレイにしたい人に特におすすめです。

毛質や毛量は十人十色なため、毛の色素が薄く肌の色とほとんど変わらない人も居れば、白髪や金髪に近い色で肌よりも色素が薄い体毛の人もいます。このような産毛や色素が薄い毛をしっかり脱毛したいのならニードル脱毛が効果的でしょう。

ニードル脱毛は毛穴に1本ずつ針を挿入し、電気を流すことで毛の細胞を破壊する施術方法です。直接毛穴の奥にダメージを与えられるため、毛の量や色、産毛でも脱毛効果が左右されない強みがあります。

メンズTBC

メンズTBC
施術方式 光・ニードル(電気脱毛)
店舗 全国42店舗展開

利用者のニーズに合わせた脱毛プログラムが提供されており、学生から社会人まで幅広い年代が利用している大人気サロン。

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

関連記事一覧

医療美容ポータルサイト メンズビューティートーク

新着記事

2018/12/14  15views

男でも女でも自由自在に顔を作るワックス化粧が凄すぎる!

2018/12/13  22views

他人事じゃない!脱毛エステの倒産とその見分け方

2018/12/12  47views

脱毛効果が高いというメディオスター脱毛器の効果を体験してみました

2018/12/11  33views

冬でも忘れるな!男の脇毛の処理で最適な方法

2018/12/10  56views

髭のレーザー脱毛時は脱毛器選びにご注意!


人気ランキング

当サイトでのアクセスが多い人気のクリニックをランキングでお届け。
どのクリニックにするかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

リンクス(RINX)

「メンズ脱毛をより身近なものに」というスローガンのもとに、安全・安心・高品質な脱毛を多くの人がお試しできる価格で提供している。

メンズリゼ

医療脱毛のスペシャリストが行う脱毛は安全・安心で効果もバツグン。患者を第一のプランは、予約から脱毛完了後まで安心して利用できる。

メンズTBC

学生から社会人まで幅広い年代の人が利用している脱毛サロン。利用者のニーズに合わせた脱毛プログラムが提供されているため満足度が高い。

MONOVOヘアリムーバークリーム